Research    
 ■News&topics.............................................

  坂本正弘先生が准教授に昇任されました。
    (平成27年4月)

  日本きのこ学会25周年記念大会が百周年
    時計台記念館で開催されました。
    (平成26年9月)→こちら

  中沢威人先生が助教に採用されました。
    (平成25年7月)  

  旧木材化工学講座の岡本一名誉教授がご逝
    去されました。(平成25年3月)  

  秘書の吉村栄津子さんがいらっしゃいまし
    た。(平成25年2月)                   



 森林生化学分野では、森林微生物(きのこ)や高等植物を主な研究対象として、森林における物質循環のしくみを生化学・分子生物学的な方法で明らかにしています。そしてそこで得られた知識を利用して、天然の生態系と調和した森林の新しい利用法の開発を進めていきます。我々の目標は、自然環境の保護とより豊かな未来型「緑の文明」の構築です。    学生は、学部では森林科学科、大学院では地域環境科学専攻に所属しています。3名の教員は、それぞれ応用生命科学系、森林科学系、生命理工学系のバックグラウンドを持ち、メンバー全員で日々の研究・実験やゼミの他、コンパやソフトボール大会など和気藹々と研究室生活を送っています。

 研究内容については、詳しくは→こちらをご覧ください。
 ■Information...............................................

   大学院入試情報をupしました。→こちら

   研究室の歴史がupされました!→こちら

  Last Up Date  2016/5/10





京都大学農学研究科地域環境科学専攻森林生化学分野
since 2003